3月に入り、 朝夕は寒く感じることもありますが、日中は暖かい春の日射しを感じるようになりました。
本年度も後ひと月となりました。入園当初は泣いて登園していた年少組さんがいつの間にか身支度を自分で行うようになり、年中組さんは自分の気持ちを言葉で上手に伝えられるようになり、年長組さんは毎日着ていた制服がすっかりつんつんるてんになり、身も心も大きく成長しました。
こうして子ども達が心身共に大きく成長できたのも、保護者の方々のご理解とお力添えがあったからこそと、心から感謝申し上げます。
来年度へ向けみんなで少しずつ準備をしながら、残りの日々もおもいっきり楽しみたいと思います。